ファスナーの上手な縫い方

_IMG_0136_Fotor

今日はファスナーの上手な縫い方についてご紹介したいと思います。
手芸のとき、修理するときなど、参考にしていただければ幸いです。

縫い付けの間隔

ファスナーを開閉するためは、スライダーの通る幅が必要です。
エレメント(レール)のすぐ脇を縫製しますと、スライダーが布地をかんだり、開閉が重くなる場合があります。
スライダーがスムーズに通ることができるように両側にスペースを取ってください。
特に裏地がある場合は、布がかみやすくなりますので、エレメントから離して縫って下さい。

長い寸法のファスナー

長い寸法のファスナーは、着用時の伸び等を仮縫いでチェックしてから縫製してください。
特ににニットなどは、このチェックが必要です。

1本からファスナーの特注、承ります!専門知識ゼロでも簡単オーダー!
ファスナー通販.comなら欲しいジッパーを完全カスタマイズして1本から注文できます。まずはぜひお試しください。
«お見積もりフォームへ